よくわかるバッテリー何でも情報局

"スパナというのはたくさんある工具の中でも最も有名な工具の一つだと思います。
しかし有名であるだけで、実はほとんど使用する機会の無い工具なのです。

 

「スパナを使用しなければボルトを回すことが出来ない」
という時に使用されることとなりますので、ある意味スパナというのは、メンテナンスの救世主とも呼べるでしょう。
なので非常に多くの種類のスパナが出ているのです。

 

しかしボルトやナットをたったの2面だけで回す事になってしまうので、少しボルトをなめやすい構造となっています。
さらに対象物からスパナが外れて手が滑ってしまい思わぬ怪我をする事もあるので慎重にスパナを使用するようにしましょう。"



▼車-バイク-工事系:スパナの種類ブログ:15-5-2018

若い人だけでなく高齢者も、
手軽に取り組みやすい有酸素トレーニング。

有酸素トレーニングはダイエットに効果があると言われていますが、
心臓や肺などの循環器の機能維持や強化には効果があっても、
筋肉をつけたり、筋力低下の予防に対してはあまり効果がありません。
 
筋肉や筋力に対して効果があるのは、
「レジスタンストレーニング」と言われるトレーニングです。

レジスタンストレーニングと言われると何のことかわかりませんが、
簡単に言うとダンベルトレーニングやストレッチ、腹筋、腕立て伏せなど、
筋肉に負荷をかけるトレーニングのことです。

これらのトレーニングは、
有酸素トレーニングのように酸素を取り込みながら
時間をかけて行うのではなく、
酸素を使わずに、一時的にエネルギーを作り出してからだを動かすので、
無酸素トレーニングとも言われます。

レジスタンストレーニングの主な目的は、
筋肉をつけて基礎代謝量を上げることにあります。

からだを支える骨や筋肉は、
10代でピークを迎えた後は少しずつ衰えていくものです。

衰えや老化は誰にでも平等に訪れるものですが、
努力すればそのスピードを遅らせることは十分に可能です。
そして、そのために必要なのがレジスタンス運動なんです。

レジスタンストレーニングは、
筋肉を刺激したり増やすためのトレーニングです。
脂肪は筋肉で燃焼されるので、
筋肉を増やせば燃焼する脂肪の量も増やすことができます。
もちろん、筋肉の量が増えれば基礎代謝も上がり、
有酸素トレーニングをした時の消費エネルギー量も上がります。

このような効果により、
レジスタンストレーニングをした高齢者の方が
有酸素トレーニングを行った場合は、
より安全により高い効果を得ることができるのです。