よくわかるバッテリー何でも情報局

"自分の車を洗車する場合におきましては、ガソリンスタンドの洗車機を利用される方もいることでしょう。
また、日曜日などを使って自分で洗車をされる方もいます。

 

この洗車で気になることといえば、やはりボディーの表面が同心円状に見えてしまう洗車キズと言われているものだと思います。
しかしこの洗車キズというのは、洗車だけでキズがつくのではなく普通に走行をしているだけでもついてしまうことがあるのです。

 

どうして車を綺麗に洗車しているのにキズがついてしまうのか不思議に思ってしまうかもしれませんが、空気中には多くの異物が浮遊しているのです。

 

その中にはとても硬い異物も混ざっているので洗車中に異物がボディーとスポンジの間に入り込み気がつかないうちに車へキズをつけてしまっているのです。"





高円寺 賃貸
高円寺 賃貸についてのサイト
URL:http://www.gulliver-nakano.jp/kouenji/


▼車-バイク-工事系:洗車の問題、シート洗いブログ:18-4-2018

コンバンワー

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装したお子様たちが
「Trick or treat?(スナック菓子をくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のスナック菓子メーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコレートやクッキーのように
限定したスナック菓子ではなく、
スナック菓子という括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ショートケーキはもちろんのこと、
お煎餅や和菓子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

お子様たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
ドイツではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もスナック菓子もその言葉だけで
お子様たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

じゃんじゃん